天台寺

文字サイズ

天台寺には仏像や奉納されたものなど多くの貴重な品々が存在し、うち2点が国指定重要文化財、11点が岩手県指定文化財である。
その一部を紹介。


聖観音立像

国指定重要文化財
高さ116.5cm、桂材、一木造

天台寺の本尊。開山に際して行基が、山中の桂の木を一刀三礼(一彫りするごとに3回礼拝する)にて彫ったとの伝承が残る。
前面にはあえてノミの彫り跡を残す鉈彫(なたぼり)という技法が用いられているが、背面は滑らかな仕上げ。
平安中期、11世紀頃の作と推定されている。

現在は本堂裏の収蔵庫内に安置し、仮本堂には複製像を納めている。


十一面観音立像

国指定重要文化財
高さ174cm、桂材、一木造

大きさや鉈彫の有無という違いはあるものの、全体の形や顔立ちが聖観音立像と非常に似ているため、同じ仏師が同時期に彫ったものと考えられている。


銅鰐口

岩手県指定文化財
面径52.5cm 青銅製

正平18年(1363)、源信行による奉納を示す銘が刻まれている。正平は南北朝時代に南朝で用いられた年号で、18年は北朝の年号でいえば貞治2年に当たる。
「天台寺」の名が確認できる最古の資料であり、この地方を治めていた南部氏との関係を考察する上でも貴重な品。


長胴太鼓

岩手県指定文化財
面径74.5〜76cm、胴長80cm

残念ながら造立年を示す箇所は削られてしまっているが、元中9年(1392)に修理を行ったとの銘が刻まれた、国内屈指の古さを誇る長胴太鼓である。


漆絵立花図

岩手県指定文化財
縦181cm、横126.5cm ケヤキ材

正徳6年(1716)、盛岡の商家の父子が絵師に頼んで描かせ、奉納したものと思われる。
色漆で松や梅が華麗に描かれている。

▲このページの上部へ戻る